【高専中退】中退してもうすぐ1年経ちます(2020.04更新)

高専
スポンサーリンク

この記事でわかること

・高専中退した長男の様子
・高専中退した次男の様子
・親としての気づきと悩み
・高専中退を考えている人へ伝えたいこと

高専中退した息子2人の近況報告です。前回のブログの状況からいろいろ変化がありましたので記録のために、また同じように悩める方の参考になればと思います。

高専やめてもうすぐ10ヶ月の長男の様子

長男は今年の4月で21歳になりました。年齢的には立派な大人なのですが、いまだ家におります。自分が早く実家を出たい派だったので、出たくならないのが不思議に感じています。

高専を中退してから10ヶ月が経ちました。当初は、進学を考えて親子でいろんな進学先を模索しました。詳しくは以前書いたブログ【高専中退】息子が沖縄高専やめました(2019-06)をご覧ください。

結果からいうと通信制大学に入学しました。その後フルタイムの就職先を見つけ、働きながら勉強という状況になりました。

通信制大学

パソコンとタブレット

入学を決めた大学は、大手前大学 通信教育部。長男の興味のある分野があったのが理由です。

にもかかわらず・・・

なんと3ヶ月もしないうちにやめてしまいました。はは…(ToT)

やめた原因は2つ
・初めてのフルタイムの仕事が楽しくて夢中になってやってた
・空いた時間をYoutubeやゲームに全て費やしていた

興味のある分野の勉強もしてなかったので、勉強自体が彼には向かなかったのかもしれません。

就職しました

a woman operates computer

入学を決めた後だったので、てっきりパートタイムの仕事を探すのかと思いきや、思いっきりフルタイムの仕事を探してきた彼。一抹の不安を覚えた心配性の母でございます。

男の子は、同時進行が苦手な生き物と言います。しかもバイトの経験がないウブな新成人がフルタイムの仕事をしながら勉強するなんていうのは、よっぽど焦ってる人よっぽど向上心の強い人でないと続けられないよね。

予想的中(笑)

幸いにも就職先がとてもいい会社で、すぐに馴染むことができ、仕事も順調にこなしていたので、よかったな、ありがたいなと思っています。

将来を見据えてるのか?

2方向をさした標識

2020年はコロナウイルスに始まる大不況のために、多くの人が予想外の現実を過ごしているのではないでしょうか。私は今までの考え方を見直すパラダイムシフトの時期だと感じています。

少なくとも、今の時期(たぶん1年くらい?)は、まともに情報収集しない親の昔の知識で子どもに対して「あれやれ、これやれ」は、ミスリードにつながると思っています。これからは子どもと一緒になって将来をどうしたいのか、そのために今どうするのかを一緒に悩んでいこうと思っています。

高専やめてもうすぐ9ヶ月の次男の様子

次男はというと、相変わらずマイペースで過ごしています。親の私の方が焦るくらいに(笑)

現在は2月から始めた進研ゼミの高校講座に取り組んでます。本来なら4月から近くの塾にいくつもりだったのですが、コロナで状況が悪くなる今、どうしたものかと思案中です。

塾の方が勉強の強制力はあるものの、集団学習となると3密*が心配。私と同じ悩みをもつワーママ多いのでないでしょうか。みんなはどうしているのかな?

*3密
1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)
2.密集場所(多くの人が密集している)
3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)
引用元:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症への対応について」より抜粋

高認試験

clock and pen and note

次男は、昨年の11月9日(土)・10日(日)の2日間、高卒認定試験を受験しました。受験科目は「国語」「生物基礎」「科学と人間生活」「現代社会」の4科目。合格通知まで親子でドキドキでしたが、結果は…

全科目合格〜〜〜!

正直、次男は勉強が得意ではないのでほっとしたし、嬉しかった^_^

残り科目として、8月に「日本史」「世界史」を受験予定ですが、政府の試作も含めどうなるか不安です。1日でも早く落ち着いて欲しい。

アルバイト

中退直後はバイトのやる気もあったようですが、今ではすっかりトーンダウン。正月やお盆といったイベント時の1日だけのバイトをしています。本人にとっては楽しいようで、私としても少しずつでも「労働」を体験できていいなと思っています。

でも、現在不況の影響で今では小売業は厳しいです。昨年、休学中にCrowdWorksで仕事を見つけた長男の例もあるので、次男にも勧めようかと考えてます。

来年の入試に向けて

来年の入試に向けて2つ課題があると思っています。

  1. 昨今の入試改革に伴い、日本の大学受験が現役生にかなり有利で、逆に浪人生にはほとんど道がない仕組みであること。次男は中退組ですので、浪人生同様、新入試制度での立ち位置を把握し、必要な情報を集めなければと思っています。
  2. 2020年4月現在、猛威を奮っているコロナの影響。公立・私立問わず授業延期されていて、しかも半年〜1年以内に解決する見通しが立てられないとなると、来年1月実施の共通試験にも必然的に影響があるはず。と考えています。

これから文科省が下す諸々の施策についても情報収集しなければと思っています。いきなりのとんでも政策に振り回されるのは避けたいものですが・・・

親としての悩みと気づき

昔は、親として子どもにいい会社に入って、やりがいのある仕事に巡りあって欲しい!と考えていたので悩みはつきませんでした(笑)

だって子どもって親の思い通りにいかない生き物ですから(笑)

でも悩みながらも、本当の幸せとは何ぞや?俯瞰して自分、子ども、世間をみていくと気づくことがあって、それからは考えを180度変えました。きっかけはアドラー心理学の本です。親としての悩みがつきないという方は一度読んでみると、世界が変わります。ぜひ!

おすすめアドラー心理学本
嫌われる勇気」「幸せになる勇気

子どもに言い渡しました

A tree in the grassland

私は子どもたちに
「もうあなたたちの親であることは辞めようと思う。これからは人生の又は社会人の先輩として接していくから、私が(親が)いろいろやってくれて当たり前、という考えはしないでね

「これからは自分で道を作っていくという気持ちを持って欲しいし、あなたたちにはそれができると思う。ただわからないことや困ったことがあれば相談してもらって構わないからね」と話しています。

これ実は、自分にも言い聞かせてる面があります。彼らを独立したひとりの人間として尊重するには、そして私が楽をするには(笑)どうしたらいいんだろう?と考えた末の答えです。

まあ、できていない時もありますが・・・

動いた結果成功するもよし、失敗して落ち込むもよし(責任はしっかりとってもらうが)、全てが彼らの人生の糧になると思っています。

ぶっちゃけ今の(若い)うちにいろんな壁にぶつかって、たくさん傷でも青タンでも作ったらいいさ〜、と密かに思っています

高専中退を考えている学生さん、保護者に向けて

ポストイットとペン

高専は退学してしまうと別の高校への転入ができないため、中退を迷うのも当然です。もちろん、そのまま残って頑張るという道を考えるのは当然ですが、高認試験や通信制の高校、塾など、勉強にフォーカスするといろんな道がありますそれをまず知って欲しい

嫌なことがあった時、すぐに逃げるのは、正直あまり好きではないです。でもきちんと自分の将来と向き合って出した結論が「高専中退」ならば、それは素晴らしいことだと思うし、きっとその素晴らしい未来をあなたは実現できると思う。

道は一つじゃない。まず落ち着いて、情報収集や自分がこれからどうしていきたいのかといった自分の内側の声を聞いてあげてみてください。大丈夫。あなたの決断を応援してます

コメント

タイトルとURLをコピーしました