コアマッスルを鍛えると実際の年齢より「若く」見られる理由

体への投資
スポンサーリンク

コアマッスルを鍛えることで若見えができる

気持ちが若いことって大事だけれど、何もしないで気持ちを若くしてても、それってただの思い込みになってしまう。下手すると痛い奴と思われてしまう恐れも。

じゃあ、どうすればいいの?

答えはズバリ”コアマッスル”を鍛えること!

コア?マッスル?筋トレしろってこと?

もちろん筋肉を鍛えるので「筋トレ」が必要なのですが、スクワットやジムに行くようながっつりした筋トレではありません。コアマッスルを鍛えるのに必要なのは、ヨガマット1枚分のスペースがあれば十分。

やる気になってきたぞ!早速教えて♪

なぜコアマッスルを鍛える=若見えなの?

コアマッスルを鍛えることがなぜ若く見えるのか、
それは、
コアマッスルを鍛える
↓↓↓
姿勢がよくなる
↓↓↓
はつらつとした印象を与える
↓↓↓
若くみられる

ちょっと想像してみてください。
姿勢がよく、シャンとしている人というのは、男性、女性問わず元気でカッコよく見えますよね。そういう方というのは、性別、年齢を問わず若く輝いて見えるものです。

素敵よね。私も憧れちゃう♡

逆に、姿勢が悪い人いうのは、
ここでは、「猫背」を例としてあげたいと思います。
猫背の方というのは「元気がない」という印象を持たれやすいものです。
また、年齢より上にみられることも多いのではないでしょうか。

コアマッスルとインナーマッスルの違い

「コアマッスル」と似た言葉で「インナーマッスル」という言葉があります。

コアマッスルは、日本語で「体幹」と訳され、人間の体の中で頭と手足を除いた胴体部分のことを言います。

コアマッスル

インナーマッスルは、より体の中心に近い筋肉群を指します。例えば、腹筋には一番表層にある「腹直筋」の後ろに「腹横筋」があり、またその後ろに「腹斜筋」があります。ここでは、腹直筋がアウターマッスルにあたり、腹斜筋がインナーマッスルにあたります。このように、人間の体にはいくつもの筋肉がまとっています。その筋肉の中で、皮膚のすぐ下にあるような筋肉を「アウターマッスル」、より体の芯(コア)に近い(深部にある)筋肉を「インナーマッスル」と言います。

インナーマッスルを鍛えることも美容・健康には大事です。でも若見えや姿勢改善を目指すのならコアマッスルが◎!

コアマッスルを鍛える方法

コアマッスルを鍛えるには腹筋、背筋を同時に鍛えるような動作が◎
忙しいワーママのために短い時間で効果が出せる動画を2つご紹介します。

おすすめエクササイズ①【プランク】

プランク

それには「プランク」が効果的。広範囲の腹筋、背筋、肩まわりも意識しながらやるとさらに効果が上がります。

じっとしてるのが苦手なんです、という方には8つの動作を組み合わせたコアマッスルエクササイズがおすすめです。

基本のポーズの他にも、易しめバージョン、発展バージョンなど現在の自分に合わせてエクササイズを行うことができます。

Best Exercises for Core Strength

エクササイズの説明は全て英語ですが、動画でわかりやすく教えてくれるので、英語がわからない方でも大丈夫。

おすすめエクササイズ②【ヨガ】

美容のためのエクササイズといえばヨガ!ヨガやっている=美姿勢、というイメージが湧きがちではないでしょうか。

かなりアクティブに動くヴィンヤサヨガや、反対に瞑想中心であまり動かない陰ヨガは別として、多くのヨガがコアマッスルを鍛えるのに役立ちます。

3分プランク! みるみるお腹が引き締まる☆ 【初中級者向け】 #208

3分だったら私でもできそう!

朝晩やったとしても計6分!これなら忙しい家事や育児の合間になんとか時間を作れそうですよね。美姿勢は、体への負担を減らすこともできるので、疲れにくい体に改善することもできます。

日常の動作を意識すれば効果は倍々!

このコアマッスルのエクササイズは、続けているうちに、歩く時や階段の上り下り、デスクで座っている時でも、自然と自分の腹筋や背筋に普段から力が入った状態になります。そしてその時はチャンスでもあります。少しだけお腹に力を入れて引っ込めてみてください。

さらに腹筋に負荷をかけることで普段の何気ない時間をエクササイズに変えることができます。時間のないワーママにとって嬉しいですよね。

美は一日にしてならず!少しの努力を毎日続けることが大事よね。

まずはエクササイズを2週間!
そしてその後日常にエクササイズタイムを浸透させていく、といった流れがベストです。

一緒にがんばっていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました