【社会人の英語勉強法】あなたの英語学習を邪魔するもの

英語学習
スポンサーリンク

英語勉強するぞ!」って宣言した1週間後に、もうモチベーションが落ちてしまう
まさに英語勉強あるあるではないでしょうか。

一度の失敗ならまだしも、何度も失敗してしまう場合、その根本の原因をみつけて対処しなければ、必ず同じ問題に巻き込まれてしまう。

ダイエットや仕事のつまずきなんかでもいえるわよね

なぜ?私たちは英語学習ができないのか、というか続かないのか。

管理人はそれを知るためにいろんな本を読んで、さらに試してみました。そして最終的に「これだ!」ということがあったので、備忘録がてら書いていこうと思います。ちなみに今も、継続しています。

本当にそれやりたい?

日本人の本音

私を含め、多くの日本人が心の中でこんな風に思っていませんか?

「これからの時代、英語は大事!むしろできなきゃやばいよ!」ってみんな言うけど・・・

今の生活で英語が話せなくても支障ないですよね

あまり実感ができませんよね。その辺は管理人も同じです(笑)。

でも、シンママとしてワーママとして日本の将来や子どもの教育についてアンテナを貼っていると、だんだんとわかってきました。

英語できなきゃ、やばいわ

管理人はこの「やばい」を感じて、英語学習を最近本気でやるようになりました。

ちょっと前の管理人もそうでしたが、この「やばい」をもたずに英語学習を始める人多いですよね。

さきほどの話のように英語話せるといろんなメリットがある、英語が話せるとかっこいい!ということがわかっていても、実感として英語ができなくても不自由しないという状況のもとでは、なかなか本気で英語学習に取り組めないのも無理はありません。

損失回避の法則

ー 人間には、手元にあるものを失うことを恐れたり、損をしたくないという心理が働きます。「片付けの心理法則」(著者:DaiGo)より

DaiGoさんも言ってますね(^^)
だから英語学習をやるにあたって、まずはじめに自分の心に聞いてみるといいんだと思います。

英語学習のゴールは何?

会社での昇進だったり、転職活動だったり、海外移住だったり、
とにかく「できたらいいな」ではなく「英語が必要なの!」という状況や意識がないとまた挫折する可能性は高くなります。

確かに。私は英語話せる友人がかっこいいと思ったのが理由かな

努力が足りないんだ!というまやかし

根性思考から抜け出そう

重なった本とノートとペン

これもまた日本人あるあるだと思うのですが、物事がうまくいかない時、原因だったり状況だったりを深く振り返りもせずに、

私の努力が足りなかったからだ・・・」と思うことありませんか。

一昔前の私がまさにそう(笑)。

できないことがあると、”自分が怠けていたから”とか、”もっとがんばれば本当はできたはず”、ときちんと振り返りもせずにそう決め付けていました。まさに思考停止状態ですね(笑)

まさにダメな典型例だったな、と今は深く反省しています。

「努力が足りなかった」も「ほんとはできたのに」もどっちも自己分析できてないってことね。

一に環境、二に環境、三四がなくて五に環境

人間は”社会的動物”と言われるくらい、周りを気にしたり、周りに(無意識に)合わせるいきものです。これはつまり、人間は環境に大きく左右されるといえます。

・なにかを始めようとする時、
・最初にどれだけすばらしい目標をもっていようが、
・どれだけ綿密な計画をしていようが、
・どれだけ準備をそろえていようが、

勉強する「環境」を甘くみてるとだいたい失敗します

大事なのは自らが、勉強せざるを得ない「環境」を作ることです。例えば、

・オンライン学習で毎日先生と話をする。
・2〜3ヶ月おきに英語の資格試験を受ける
・勉強が好きなコミュニティにはいって、メンバーと日々の進捗を話す
・楽しく勉強できるアプリを使う

そして、これらを努力ではなくルーチンでオートメーション化していきます。そうすることで、勉強する時のめんどくさい気持ちや、つらさを消すことができます。

定期的にアウトプットする

勉強と聞くと主にインプットをイメージする方が多いと思いますが、勉強で大事なのはアウトプットです

インプットとアウトプットの黄金比は3:7だそうです。

つまり単語やイディオムを覚えたり、英語をきいたりする時間の倍以上を、試験を受けたり、英会話で人と話すことに費やす方がいいということです。

黄金比3:7!覚えたわ!

そして、管理人がもっと大事にしているのがアウトカム(結果)を実感することです。

アウトプットといってもただ試験を受けるだけ、ただ英語で会話をするだけでは、慣れてくると惰性で意味のないものになってしまう恐れがあります

アウトプットした時に自分がどれだけ前より進歩したのかを、できれば数値で出せると最高です。例として、

・試験の点数
・英会話を話続けられた時間(分単位)
・英会話で話をした人数
・英会話で話をできたテーマ数 等

こういったしっかりと目に見える形でのアウトカム(結果)があれば、高いモチベーションを保てたり、次の勉強への新たなゴールを作りやすくなります

なるほど。これだと骨太の計画がたてられそうね。

英語学習の邪魔者と対策まとめ

分かれ道

あなたの英語学習を邪魔するもの2つ

あなたの英語学習は、次の2つの原因で8割以上が失敗に終わってしまいます。

・あやふや、またはただの願望ともいえるゴール設定
・がんばればなんとかなる!という誤った戦略計画

まれにみる天才や、有能な家庭教師がついていれば回避できるかもしれませんが・・・

一般的には、そんな奇跡を期待するより、さっさと次の対策を実施するほうが近道です。

英語を身につけるための対策3つ

「今度こそ!」と意気込んでいる方は、一回深呼吸して次の3つの対策を練ってみてください。

・メリットとデメリットをそれぞれ5つ紙に書く
・10分〜40分の英語学習を1日のルーチンに組み込む
・少なくとも2週間ごとにアウトプットするしくみを構築する

人間は、メリットだけでは勉強を継続するのは難しい生き物なので、あわせてデメリットもリストアップする必要があります。さらにそれらを紙に書いて、いつも目にするところに貼っておくことで、あなたの無意識下にそれらをすりこむことができます。

1日の生活の一部を英語学習に使うことは今までにもあったかと思いますが、さらに一歩進んで、最低でも2週間ごとに、外国人と話す等のアウトプットにトライしてみてください。

今度こそ英語を身につけるために一緒にがんばっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました